(このページは2018年11月1日に更新されました)

【緑色凝灰岩 十和田石】


十和田石は、秋田県北部に位置する大舘市比内町で産出されています。
大舘市比内町は、町の南東部は高い山々が聳え、北西部には平地の広がる、東西に屑川が横断する地勢を成したところです。
2005年、比内町は、市町村合併により大館市に編入されました。
十和田石を産出する町内の採掘場は、今から1000万年ほど前に形成された岩山に坑口を設け、坑内掘りにより電動カッターで切り出しています。
保温性にも優れているために、内装材、門柱、石堀など、幅広い用途に使われる人気の高い石材です。
十和田石は、火山灰が地表・海底などで堆積して形成された凝灰岩の一種です。
石の表面は無数の小穴が開く多孔質の特徴を備えています。
また同じ軟石種の大谷石と比べると強度が高く、水に濡れると発色の鮮やかなライトグリーンに変わるのが特徴です。
水を吸収しやすく、水を吸った際の色合いの美しさから、浴室の床面や浴槽など、水まわりで使用されることの多い石材です。
また耐水性、耐火性、耐摩耗性にも優れており、軟石と呼ばれる通り、たいへんに加工しやすい石材です。


【オーダーメイドや加工について】


●ダイヤ挽きとは水磨きのことです。水磨きとは表面に光沢がない状態です。

オーダーメイドや加工がありましたらお見積りいたしますので、下記事項をメールかFAXでご連絡ください。

1、表面仕上げ(基本はダイヤ挽きです)

2、寸法(縦×横×厚み)

3、数量

4、納品場所(都道府県名、都市名、個人宛or法人宛)

5、希望納期

6、連絡先(電話番号)



【送料について】

石材の送料は数量、寸法、重量、納品場所、納品時間などにより違いがあるため、その都度のお見積りをしております。

またオーダー品はパレット代金や梱包費も発生します。

思ったより送料が高いと思われた方は、当然キャンセルや工場引き取りも可能です。



出荷地域

秋田県 【十和田石】


送料 通常配達の場合

【十和田石300角15厚1枚】 都内までの運賃 1400円(税込)



総10件

整列 : [価格] [名前] [原産国]


  • 十和田石 ダイヤ挽き

    十和田石 ダイヤ挽き

    [原産国] 日本

    150×150×15mm    281円
    150×300×15mm    562円
    200×200×15mm    499円
    200×400×15mm    998円
    300×300×15mm  1,124円
    400×400×15mm  2,525円

    150×300×22mm    508円
    200×200×22mm    451円
    200×400×22mm    998円
    300×300×22mm  1,124円
    300×450×22mm  1,687円
    300×600×22mm  2,951円
    300×900×22mm  4,427円
    400×400×22mm  2,890円
    400×600×22mm  4,334円

     

  • 送料、加工費

    送料、加工費

    [原産国]

    送料、加工費のご注文はこちらからお願いいたします。

  • 昭和電工 瞬結止水セメント

    昭和電工 瞬結止水セメント

    [原産国] 日本

    昭和電工止水剤

    瞬結止水セメント

    20kg 1缶: 8,100円

     

  • クリアコートスーパー

    クリアコートスーパー

    [原産国] 日本

    石材用浸透性吸水防止剤
    (強力浸透タイプ自然色仕上げ)
    ライムストーン・大谷石・十和田石・砂岩・コンクリート・モルタル・レンガ

     4 リットル: 17,000円
    16 リットル: 63,500円

  • スーパーウェット

    スーパーウェット

    [原産国] 日本

    吸水性の高い専用吸水防止剤
    (濡れ色仕上げ)
    大谷石・十和田石・砂岩・レンガ
     4 リットル: 42,000円
    16 リットル: 166,000円

     

  • 十和田石 マウスパッド(裏面コルク貼り)

    十和田石 マウスパッド(裏面コルク貼り)

    [原産国] 日本

    180×150×10mm  3,240円


天然 十和田石

十和田石は、岩石の小さい結晶が火山灰によって固められて岩石になったため、海底のミネラルを豊富に含んだ凝灰岩です。 また、無数の穴(多孔質)によって空気や水分を吸収・吐出するので滑りにくく、浴室や浴槽にも様々な場所で使用されています。青白色の地に青緑色の地紋が入った十和田石は安らぎの天然石として人々に親しまれています。

環境石材としての十和田石の特徴

1.保温・保湿機能

十和田石は無数の穴を持つ多孔質なので、浴室などでは水分を程よく吸着するので心地よい環境を作ります。多孔質な構造は断熱効果もあり保湿機能も合わせて持っています。

2.防滑性

多孔質である十和田石は水分を10%程度吸収します。 濡れても、石の表面と足の間に水の幕が出来ないので滑りにくく、水濡れのある浴室床でも利用できます。

3.防カビ・防菌機能

十和田石はカビが苦手なアルカリ性なので、カビや菌が繁殖しにくい環境を作ります。

4.遠赤外線放射機能

十和田石の持つ成分によって遠赤外線放射機能だけでなく、蓄熱機能もあります。
多孔質と石の組成により、冬は暖房により暖かく、夏は冷房により涼しく、省エネにも役立ちます。

5.消臭・シックハウス対策機能

十和田石は多孔質なので、悪臭が発生しても、多くの空間が吸着します。

6.水質浄化機能

水道などに含まれる消毒剤を多孔質構造の十和田石が吸着します。また、吸着した物質は分解機能により無害化します。十和田石は水質を浄化し、水にはミネラルが溶け込むので、 弱アルカリ性を示します。

十和田石の梱包代に関して

十和田石は、配送の都合上、ご注文枚数によってパレット代が発生します。また、パレットを使わない少量の場合でも、梱包代が発生します。ご了承下さい。

※施工方法

あらかじめ、コンクリート下地に水を撒くなどして湿らせておく。
1.水分を抑えた空練り(バサ)を基礎の上に50mm前後撒く。セメント1:砂3 セメント25Kgに水を柄杓3杯程度(缶バケツ半分程度)
2.セメントを水で薄めた液(ノロ)を作り,空練に撒く。
3.十和田石を乗せて、平になるようゴムハンマーなどで微調整をする。
4.目地詰めは当日が望ましいが、翌日以降の場合は、あらかじめ十和田石に水を含ませること。
5.目地やセメントが十和田石に浸み込むと、白華現象の原因となるので、十分拭き取る。
6.施工後は水で、十和田石に付着したセメントや目地などを丁寧に洗い流す。

※施工上の注意

・多少の寸法誤差がありますので、目地幅は5mm程度を確保してください。
・御影石、大理石などのような、目地仕上げ時、流しトロ工法はお断りします。
・土足等で汚れを吸う心配がありますので、施工後、土足で歩行しないでください。
・セメントのアク(白華現象)を避けるためには、裏面処理をすることをお勧めします。
・ビル内装工事で十和田石の退色を避ける方法として、表面処理する方法があります。
・浴室の床や浴槽内は、表面処理する必要がありません。
・表面処理・裏面処理とはクリアコートスーパーを塗布することです。